赤ニキビを早く治すには原因に届く方法で!

赤ニキビが思春期や男性の脂性肌にできる場合の原因や治し方の違いを知り、的確な対処方法で早く治すことを目指しましょう。赤ニキビが思春期に増えて治らない方、男性の方は参考にしてください。

赤ニキビを早く治すには原因に届く方法で! 》 赤ニキビの思春期や学生の脂性肌の原因と治し方の違い

赤ニキビが思春期や男性の脂性肌にできる場合の原因や治し方の違いを知り、的確な対処方法で早く治すことを目指しましょう。赤ニキビが思春期に増えて治らない方、男性の方は参考にしてください。

赤ニキビができてしまい、肌のことで深く悩むのは女性や大人だけではありません。赤ニキビは青春の証なんて呼ばれることもあり、思春期の学生や男性のように皮脂分泌が多い脂性肌も肌荒れを起こしやすい状態にあると言えます。

思春期は成長期のホルモンバランスの影響で皮脂分泌が過剰で、男性は男性ホルモンの作用が強いため皮脂が過剰になります。

顔の中でも皮脂腺が多いおでこ、鼻、こめかみといった場所に特に赤ニキビが大量発生しやすいことが思春期や男性の特徴となってきます。

赤ニキビを早く治すためには”皮脂分泌”が過剰という点をしっかり意識して対策をしていくことがポイントとなります。

思春期や男性というよりはオイリー肌の方に有効な早く治す方法を紹介するので、10代、20代といった年齢に関係なく超脂性肌で脂取り紙が手放せない!なんて方は参考にしてください。
赤ニキビは毛穴に皮脂汚れが詰まり中でアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こすことを原因として発生します。

思春期や男性の脂性肌は皮脂過剰なため、それだけで直接的に赤ニキビができてしまいやすい肌環境にあると言えます。

とはいえ、皮膚科や薬局で処方してもらったり購入する治療薬に違いは出てきません。炎症を鎮める「抗炎症作用」、アクネ菌を殺菌する「抗菌作用」を持った塗り薬を使っていけば良いことは乾燥肌、敏感肌の方と変わりはありません。

それよりもむしろ早く治すための対策として変わってくるのは洗顔石鹸や化粧水など化粧品を使ったスキンケアの方です。

脂性肌の場合にはしっかりと毛穴汚れを落とせるような強力な洗顔料が効果的です。有効成分で言えばグリチルリチン酸よりもサリチル酸が配合されたプロアクティブやファーストクラッシュの方が症状によく合います。

プロアクティブのスクラブ洗顔もファーストクラッシュも洗顔料の洗浄力が強力なので、とにかく優しく洗っていくことを心掛けてゴシゴシと洗わないことを意識してください。

思春期の高校生や男性の方は、セルフケアの知識や経験もまだ少なく、赤ニキビを早く治すためにと力を入れてしまうこともあるからです。

1日や1週間で治らないからといって焦りは禁物です。じっくり堅実に治していくことがニキビ跡を残さないためにも重要です。
思春期や男性の脂っぽい肌ではおでこ、鼻、こめかみといったTゾーンに赤ニキビができやすいと紹介しました。

合わせて男子高校生や20代の男性は口周りにも赤ニキビができやすく、すぐに悪化して黄ニキビにも発展してしまいやすいです。

詳しいメカニズムは分かっていませんが、おそらくヒゲが生える部位で男性ホルモンの作用が強く、ブワっと口周りに赤ニキビを作ってしまうのだと思われます。

受験勉強や仕事でストレスを感じると一気に口周りが肌荒れを起こしてしまうこともあるので、簡単な水洗顔でも良いので脂っぽいと感じる時にはケアするようにしてください。

口周りの赤ニキビを早く治すことができずに黄ニキビに発展させてしまうと”エロニキビ”なんて呼ばれることもあり、清潔感にも悪影響です。

どうしても症状を繰り返してしまう場合には男性用の肌に合わせて開発されたメンズニキビケアなどもあるので、保湿ケアだけでも取り入れてみたり、ただ早く治すだけではなく予防して女性にも羨ましがられるくらいのキレイな肌作りに挑戦していきましょう。

潰すと膿が出るからといって潰してしまうと跡が残ってしまうので、コスメか塗り薬で早く治すようにしていってくださいね。