赤ニキビを早く治す!腫れて痛い炎症を抑える対処方法

赤ニキビの画像で症状を確認して早く治す方法へとつなげていきましょう。赤ニキビの画像と原因、早く治す対処方法を紹介しています。さらに症状が悪化した場合の症例写真もあるので、正しい治し方を実践するために参考にしてください。

赤ニキビを早く治す!腫れて痛い炎症を抑える対処方法 》 赤ニキビの画像と悪化前に早く治す方法で肌キレイ!

赤ニキビの画像で症状を確認して早く治す方法へとつなげていきましょう。赤ニキビの画像と原因、早く治す対処方法を紹介しています。さらに症状が悪化した場合の症例写真もあるので、正しい治し方を実践するために参考にしてください。

赤ニキビを早く治すためには症状をしっかりと画像で確認して、対策へと結び付けていくことが大切です。

赤ニキビの画像がこちらになります。



何か月以上も赤ニキビに悩まされている方であれば、画像のような症状は見慣れてしまっているかもしれませんね。

画像は首、口周り、頬のフェイスラインに赤ニキビが大量発生した画像ですが、本当に痛々しいです。腫れてしこりのようになると痛みやかゆみも酷くなってきます。

ニキビ跡が残ってしまう危険性も高まっている症状なので、画像のような赤ニキビを少しでも早く治すことを目指して対処していきましょう。
画像のような赤ニキビはなぜできるのか?というと、毛穴が皮脂汚れや古い角質汚れ、あるいはファンデーションの毛穴落ちなどで詰まり、中でアクネ菌が皮脂をエサとして繁殖することに原因があります。

アクネ菌は皮膚の常在菌で必ずしも「悪」というわけではないのですが、塞がった毛穴の中で過剰に繁殖することで皮膚の炎症を引き起こしてしまうのですね。

原因を知った上で赤ニキビの画像を再確認すると、炎症、アクネ菌といった言葉がよりリアルに感じるかもしれません。


そんな赤ニキビを早く治すためには、炎症を鎮めてアクネ菌を殺菌することが最重要です。

「抗炎症作用」「抗菌作用」を持った対策方法を取り入れていくことを考えましょう。


予防ケアでもグリチルリチン酸ジカリウムと紫根エキスが配合された薬用のオルビスクリアが両作用をしっかりと持っていておすすめです。


薬用ではない他の大人ニキビケアなどでは、抗菌作用を持つ有効成分が配合されていなかったりもするので、今スキンケアを続けていてイマイチ効果を体感出来ない時にはオルビスクリアへの切り替えを検討してみても良いと思います。

トライアルだけで3週間も試すことが出来るので、その間にしっかりと実感することも十分に可能です。

乾燥肌、敏感肌、混合肌といった肌質を問わず使っていきやすいので一度見てみてください。
もし赤ニキビを早く治すことが出来なければ、こちらの画像のような症状へと進行してしまいます。



この画像の症状は「黄ニキビ」と呼ばれて、炎症がさらに悪化して化膿した状態です。

潰すと膿が出てくる状態ですが、潰すとニキビ跡につながるのでおすすめ出来る方法ではありません。

この段階まで症状が重症化してしまうことがよくあるなら、凸凹肌などの跡が目立つようになる前に予防ケアを安定させて、症状を繰り返さないようにすると同時に、画像のような黄ニキビになる前の赤ニキビまでに早く治すことが出来るようにしていきましょう。

そのためには炎症を抑えてアクネ菌をやっつける成分が配合されたオルビスクリアのような洗顔料、化粧水による予防ケアがベースになります。